今日の気になる数字 

2004年12月07日

今日の気になる数字  「2007年問題」

2007年になると、団塊の世代が定年を迎えて高齢化社会に拍車をかけるって、あの問題じゃなくって、こっちはホテル業界の2007年問題ね。

外資系ホテルの日本進出ラッシュ。

来年から2007年にかけて、コンラッド、マンダリン、ペニンシュラ、そして防衛庁跡地に、リッツカールトン!が開業予定。

で、なにが問題なのかっていうと一般の人には全く関係ないが、そりゃあ供給過剰だってこと。

でも、今はハイアットとか、ウェスティンなんかの外資系高級ホテルの方が国内の有名ホテルより稼働率が全然高いんだよね。

そりゃあ、リッツなら高くても泊まってみたいと思う。



goodge at 23:25|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2004年12月06日

今日の気になる数字  「全国500軒 5万室」

カプセルホテルが初めて誕生したのは25年前の大阪。

国内初となったカプセルホテルを設計を担当したのは、なんと大御所の黒川紀章氏なんだって。意外。

現在の市場規模は、全国500軒、5万室。

(日経朝刊より)

goodge at 23:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2004年12月05日

今日の気になる数字  「44勝34敗2分」

早明戦 2年振りに伝統の早明戦を観戦。

早稲田が明治を圧倒しましたね。
49−19で、4年連続全勝優勝を飾りました。
それにしても、明治、もう少し頑張って欲しかった。

今年は早明戦80周年の記念大会。

通算成績は、早稲田の44勝34敗2分。
30点以上差が開いたのは、なんと昭和44年に遡る。
49得点も明大戦史上最多とのこと。

吉田義人の時代が懐かしい。



goodge at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月04日

今日の気になる数字  「都心35% 郊外60%」

大宮駅周辺(今、「おおみやし」って打って変換したら、「合併→さいたま市」って出た。ATOK恐るべし。)の商業地価は12年連続で下落。これにより東口には「美容室通り」と呼ばれるほど次々とおしゃれな美容院が誕生している。

さいたま市は、美容室の伸び率が全国平均1%を大きく上回り3.9%。

全国の美容師の数、38万人で前年比4.1%増。
美容室の数、21万店で前年比1.5%増。

美容院のリピータ率は都心で35%。郊外で55〜65%。

(AERA さいたま発「美容院戦争」より)

-------------------------------------

大宮の実態はどうか知らないけど、地元武蔵小山も恵比寿も確かに増えてますね。ここ大丈夫?っていうお店も多いけど。

リピートが35%だと、かなり新規獲得しないとやってけませんね。


<メモ>

■コンビニエンスストアの数 5万5000店
■ガソリンスタンドの数 5万店

■さいたま市の人口 102万人
■さいたま市の生産年齢人口(15〜64歳人口) 74万人
■さいたま市の昼間人口 93万人
http://www.mc-stat.com/stat/free/PCA51321.asp?CHIKI_B_CD=3&CHIKI_CD=11244



goodge at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年12月03日

今日の気になる数字  「6:2:2」

回転寿司を展開するくらコーポレーションのデータによると、「6:2:2」という法則があるらしい。

平均的な客は、最初の8分で6皿、次に8分で2皿、さらに続く8分で2皿を食べる。

この数値から店員は出す皿の総数を増減する。

(日経MJより)

最初の8分で6皿も食べるかなあー。

それにしても、回転寿司っていう業種は、想像以上に科学的な検証が要求される商売のようである。
他のお店では、粗利益ロス率という指標を導入し検証してみると、サーモンより納豆巻きの方が採算がいいと言う。

廃棄率を押さえながら注文率の低い新鮮なネタもまわす。

確かに難しそうである。



goodge at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
映画

北京ヴァイオリン
北京ヴァイオリン中国映画
貧しいながらも息子の夢を叶えようと必死に頑張るお父さん。せつないけど心温まる近年最高の傑作。こんな父親になりたい。

友へ チング
友へ チング韓国映画
幼馴染みの4人が大人への階段で闇社会の犠牲になりながらも体をはって男の友情を貫き通す。男に生まれてきてよかったと思わせてくれる映画。

I am Sam
I am Sam子供と同じレベルの知能しかもたないサム(ショーン・ペン)は必死に娘を育てるが引き離される運命に。父が娘を娘が父を想う姿に心を打たれる。こんな父親になりたい。あれっ?

Life is Beautiful
Life is Beautifulナチスの収容所。何も知らない息子に「これはみんなでゲームをしてるんだよ」と笑顔で嘘をつき続ける父親(ロベルト・ベニーニ )。家族愛を超越した秀逸の作品。こんな父親になりたい。あれれっ。

メールはこちらまで
(メーラーが起動します)
Greeな人達