2005年10月13日

ニッサングリーンカップの思い出


この前会ったのが、4年前

市ヶ谷のプロントだったかな・・・

その前はいつだったっけ

今日は東京に出張ということで、久しぶりの再会を果たした。


みっちは、NTT盛岡時代の先輩で、当時すごくかわいがってもらった。

飲み会はもちろん、スキー、テニスと一緒によく遊んだ。

これ、前にも書いたっけ・・・?

盛岡ではナンパの帝王として君臨しており、憧れの先輩だったわけである。

(これはちょっと言い過ぎか・・・)

たくさんの思い出があるけど、
なんといっても忘れられないのは、ニッサングリーンカップだ。

NTT盛岡支店のトラフィック営業課と料金課の混合チームで
出場した全国朝野球大会

素人集団の俺らは、毎年参加するも、いつも1回戦負け
しかもコールドとか


「今年こそは絶対勝つ!」

そうして臨んだ出場3年目の大会


序盤から得点を重ねて、珍しくシーソーゲーム


ピッチャーみっち、キャッチャーは俺

そして、1点リードして迎えた最終回

2アウト、ランナーサード

ドキドキのシーンである

たかが朝野球 されど朝野球である


俺はマウンドにかけより、みっちのオチンチンをつかんで

「男みせてください」と。


初の勝利を目の前にして、緊張するナイン


あの最後の勝利の瞬間は今でも忘れない。

みんな覚えてっかな。


数日後、桜山神社で開催された打ち上げは大盛り上がり

酔ってトラブルを起こして、翌日会社にクレームが来たことも付しておく。犯人は俺じゃないけど。


1991年の春の話だ。







goodge at 23:50│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by みっち   2005年10月17日 22:53
最後たしか、ツーアウトランナー三塁で、
んでもってホームスチールされて
みっちの投げたボールが
みつるのミットに収まったところへ
ランナーの足がスライディングしてきて、
『タッチアウトォ!』
『ゲームセットォ!』
うわー、やったやったー!
だったよな。
なつかぴー

酔ってトラブッたのは、
ケーサツ呼ばれた「H」のこと?
みっちもしっかりケーサツに名刺取られたっけ・・・
なつかぴー
2. Posted by みつる   2005年10月17日 23:10
そうそう、Hさんだ。
料金課のね。名前思い出せなかったよ。

ケーサツ呼ばれた?
そんなおおごとだったっけ?

みんな、どこでどうしてるかね〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
映画

北京ヴァイオリン
北京ヴァイオリン中国映画
貧しいながらも息子の夢を叶えようと必死に頑張るお父さん。せつないけど心温まる近年最高の傑作。こんな父親になりたい。

友へ チング
友へ チング韓国映画
幼馴染みの4人が大人への階段で闇社会の犠牲になりながらも体をはって男の友情を貫き通す。男に生まれてきてよかったと思わせてくれる映画。

I am Sam
I am Sam子供と同じレベルの知能しかもたないサム(ショーン・ペン)は必死に娘を育てるが引き離される運命に。父が娘を娘が父を想う姿に心を打たれる。こんな父親になりたい。あれっ?

Life is Beautiful
Life is Beautifulナチスの収容所。何も知らない息子に「これはみんなでゲームをしてるんだよ」と笑顔で嘘をつき続ける父親(ロベルト・ベニーニ )。家族愛を超越した秀逸の作品。こんな父親になりたい。あれれっ。

メールはこちらまで
(メーラーが起動します)
Greeな人達