2005年09月09日

新宿中村屋のカレー誕生に隠された90年前の愛


今日、生まれて初めて新宿中村屋のカリーを食べた。

うん、確かに美味しい。


ところで、カレー食べながら思ったんだけど、なんでお菓子屋でカレーなのか、なんでカレーじゃなくてカリーなのか・・・

これは何かあるかも知れない、と思って調べてみたら、

中村屋のカリー誕生には、インドの独立運動と日本政府が育んだ愛の物語があったのです。

いやあ、いい話です。 こういうの好き。

インド独立運動の志士が伝えた純インド式カリーの味





goodge at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
映画

北京ヴァイオリン
北京ヴァイオリン中国映画
貧しいながらも息子の夢を叶えようと必死に頑張るお父さん。せつないけど心温まる近年最高の傑作。こんな父親になりたい。

友へ チング
友へ チング韓国映画
幼馴染みの4人が大人への階段で闇社会の犠牲になりながらも体をはって男の友情を貫き通す。男に生まれてきてよかったと思わせてくれる映画。

I am Sam
I am Sam子供と同じレベルの知能しかもたないサム(ショーン・ペン)は必死に娘を育てるが引き離される運命に。父が娘を娘が父を想う姿に心を打たれる。こんな父親になりたい。あれっ?

Life is Beautiful
Life is Beautifulナチスの収容所。何も知らない息子に「これはみんなでゲームをしてるんだよ」と笑顔で嘘をつき続ける父親(ロベルト・ベニーニ )。家族愛を超越した秀逸の作品。こんな父親になりたい。あれれっ。

メールはこちらまで
(メーラーが起動します)
Greeな人達