2004年04月15日

白洲次郎 

87c54cf8.gif10:30 平河町の某社でMTG。その後近所の北京料理でランチ。渋谷を経由して芝浦の取引先のM社に挨拶。大阪支社の受注ももらえそう。その後目黒のG出版社で情報交換。

駅売りで、サライ週刊新潮を購入。相変わらず新潮はカゲキ。今度はイラクの人質批判。

サライの特集は、「白洲次郎」。
なんとも浮世離れした生き方。カッコよすぎる。

GWにでも、武相荘にでも行ってみるかな。

goodge at 00:00│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
映画

北京ヴァイオリン
北京ヴァイオリン中国映画
貧しいながらも息子の夢を叶えようと必死に頑張るお父さん。せつないけど心温まる近年最高の傑作。こんな父親になりたい。

友へ チング
友へ チング韓国映画
幼馴染みの4人が大人への階段で闇社会の犠牲になりながらも体をはって男の友情を貫き通す。男に生まれてきてよかったと思わせてくれる映画。

I am Sam
I am Sam子供と同じレベルの知能しかもたないサム(ショーン・ペン)は必死に娘を育てるが引き離される運命に。父が娘を娘が父を想う姿に心を打たれる。こんな父親になりたい。あれっ?

Life is Beautiful
Life is Beautifulナチスの収容所。何も知らない息子に「これはみんなでゲームをしてるんだよ」と笑顔で嘘をつき続ける父親(ロベルト・ベニーニ )。家族愛を超越した秀逸の作品。こんな父親になりたい。あれれっ。

メールはこちらまで
(メーラーが起動します)
Greeな人達